月を見上げる生徒会2設定資料集

真奈美「特別企画!」
和子「月を見上げる生徒会2、設定資料集~!」
メジロ「当初の宣伝文句、ワゴンセール行となったギャルゲーをコンセプトに進めていったこの物語。
途中連載させてもらってる月を見上げる丘様がまさかの更新停止で、まるで連載雑誌が休刊になったかの如く自然消滅してしまうかと思ったけど。
無事、第二部を終了することが出来ました!!」

青梅「遂にヒロインも決定しちゃったね」
高尾「残念だったな、樹」
和子「いや、別に」
高尾「とか言いながらすげー悔しそうなんだが」
和子「ほっとけ」
高尾「ちなみに、第二部2話で和子の手を借りるの選択肢を選んでいたら樹和子ルートへ突入だったらしいぞ」
和子「フラグ分岐かい…」
綾瀬「みんな何言ってるのさ。フラグも何も、僕は別にモテたりしないよ」
和子「うわ、自覚ねぇ!?」
高尾「典型的なギャルゲーの主人公だな」
真奈美「朴念仁ですわね」
綾瀬「?」
青梅「ところでメジロ、西新井君とはどこまでいったの~?」
メジロ「…!」
綾瀬「き、企業秘密です!」
和子「おっと、そっから先はX指定だぜ?」
真奈美「我々はあくまでも学生なのですから、節度を持ったおつきあいをなさいませ」
和子「そーゆーお嬢はどうなのさ」
真奈美「はい?」
和子「王子と……」
高尾「ほい、ストップ。こっからはそろそろ設定資料集だ」
和子「ち、誤魔化しやがった」

青梅「まぁ、設定資料集って言っても、大して語れることは無いんだけどね」
メジロ「まだまだ明かされてない謎とか多いしね」

和子「とりあえず、キャラの名前の由来とか?」
高尾「いや、ほとんどがフィーリングで付けたって言ってたじゃん…」
西園寺真奈美:何となく貴族っぽい苗字ってことで西園寺。下の名前はフィーリング
樹和子:何か地味~な名前を、と思って適当に和子、と。あと樹はフィーリング
綾瀬「他のキャラは、東京都の地図を開いてみてください」
高尾「東京の地名を適当に組み合わせただけかよ……」
メジロ「他にもあだち先生以外はちょっとした関連性があるんだけど、気づくかな?」
青梅「そこは各自での宿題ってことで」
高尾「ちなみに、モブキャラの稲村真人、来々谷唯瑚、刺須瀬笹子の三人は言わずと知れたリトバスのキャラ。の名前が間違えられた時のパターンを参照」
和子「来々谷唯瑚だけパッと見、間違いだと気づかんよな」
真奈美「タイトルの由来とかはあるのかしら?」
和子「いや、それこそマジで一番テキトーにつけたらしい」
真奈美「何のひねりも無く、最悪ですわね…」

メジロ「ストーリーとか、他の諸々の設定とか、何か他に語ることあるかな?」
和子「う~ん…あるっちゃあ、あるんだろうけど、なにぶん、連載開始から3年以上経ってるし、途中の休載が長すぎて色々と忘れちまってるよな」
綾瀬「この設定資料集も以前書きかけてたやつに加筆してるだけだしね…」
高尾「まぁ、最終話までのストーリーはあらかじめ作ってから始めた連載らしいけど」
青梅「私のストーリーが結構グダグダな推理小説まがいのものになってた理由は?」
メジロ「そもそも作者が推理小説昔から好きだったんだって」
和子「でも、ちゃんとした推理ものなんて書ける技術があるわけないから」
真奈美「そもそもが、第一部第三部のストーリーをあらかじめ作っていて、ちょっとひねりが欲しくて第二部のストーリーを間に挟んだと聞きましたわよ?」
青梅「私ゃおまけかい」
高尾「まぁ、でも当初から登場予定あったらしいじゃん。俺のキャラ紹介、あらかじめ副会長代理になってたし」


青梅「さて、語ることもそろそろ尽きてきたことだし」
真奈美「ではそろそろお開きといたしましょうか」
和子「最後に第三部の予告だけどーぞ」




  • 最終更新:2016-01-15 20:25:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード